2017年02月28日

運転免許証の返納と、こまき巡回バス・ピーチばす・タクシー

 私が運転免許証を取得したのは、名古屋市立大学4年の夏休み(1965年・昭和40年)のことです。
 武田薬品工業鰍ノ就職が決まり、医家向け学術情報員(当時、業界では「プロパー」と呼ばれたころです。現在は「MR」と呼ばれているそうですが・・・)

 内定が決まると、会社から連絡があり「運転免許証をとってください。費用は会社で払います。」とのことでありましたので、現在も存在する名古屋市北区の庄内自動車学校に通って免許を取りました。)
 家に、車はありませんでいたので、翌昭和41年に武田に入社し3ケ近くの本社研修後に配属された東京営業所で、東京のど真ん中「中央区の開業医さん」を担当するために、日産のブルーバードを与えられた時のことでした。
 それまで、1度もハンドルを握ったことのない私が、日本橋・銀座・浜松町・築地などの開業医を訪問し、目白の独身寮まで車で帰るのですから、それはそれは、ヒア汗が出るような毎日でした。
 東京駅前の八重洲駐車場などに車を入れっぱなしにして、歩いて担当の開業医を回ったりしましたし、「良き時代で」路上駐車した近くの交番に、「直ぐ帰り明日から」と、車に積んでいたいたアリナミンのサンプルを渡したり・・・。

 そのような状況の中でも、事故を起こすことなく、2年目には、台東区や江東区を担当することになり、親しくなった開業医の奥さんから、「たまには若いこと、お昼ご飯を食べに行こうかな・・・」と言われ、雷門近くの天丼の美味しい「尾張屋」でごちそうになったもしまいた。
※会社の車にお得意様を載せることは禁止されていましたが・・・、「それでは仕事にならないよ…」との独断で、気を付けて気を付けて運転していまいた。

 また、江東区の開業医の奥様からは、「軽井沢の別荘へ行くから内の車運転してくれる・・・」と、言われ免許証を持っておられないご主人(医師)の代わり何度も何度も夏の軽井沢へ行きました。
 当時は、まだ売バスがない時で、軽井沢峠を通って東京から10時間ほど要して行ったとおもいます。

 東京営業所で7年間勤務した後、新潟市にある独身寮(大手企業の社宅もこのあたりに集中しており、日本海の近くの所です。

 月曜日に新潟出張所に出社し、まだ、高速道路はありませでしたが、長岡市の老舗旅館「福寿荘」に泊まり、長岡中央病院(厚生連)、柏崎市の刈羽郡病院(厚生連)、豪雪地帯の小出県立病院、六日町病、など越後湯沢までの病医院を担当しまいた。
 このころには、道路の雪の吹き溜まりに突っ込んで動けなくなったり、峠で凍結しスリップして動けなくなったので、トランクからチェンを出そうとしたら、鍵穴が凍結しており、必死の想いでライターで鍵穴を温めたりしたこともありました。
※当時の冬の車の標準装備は、「スノースパイクタイタにチェンを付けて走る」ということでした。

 新潟出張所に勤務してた31歳の時、東京営業所で同じフロアで働いていた1年後輩(高卒・26歳)の家内と、明治記念館で結婚式を挙げましたので、新潟での新婚生活は、「月曜日に家を出ると金曜日に家に帰る」という生活でした。
 12月1日に結婚し、翌年9月にはハワイ産の長女が生まれました。社宅は、日本海が一望でき佐渡や淡島が良く見えるマンションを会社が探してくれました。

 東京営業所に勤務していた昭和44年〜46年の3年間、近藤さんという素晴らしいリーダーシップのある方で下で働きましたが、毎日、毎日が楽しくてしょうがなく、「俺たちは全国の武田のプロパーの中で一番仕事をしている・・・」と自負していました。

 その近藤さんが、昭和46年に新潟出張所長として異動されました(当時の武田では、新潟出張所長出世コースと言われていました)
 近藤さんが、会議等で東京へ来られた時にっは、「私も新潟で近藤さんの下で働きたい・・・」と、何度も何度も伝えました。

 念願かなって、新潟に転勤することができ、結婚式の仲人もしていただきましたし、桃花台の家にご夫婦で2〜3回お泊りになったことことがあり、高山・白川郷・平湯・馬籠・妻籠・犬山城・明治村もご案内いたしましたし、現在も数年に一度東京で「近藤さんを囲む会」が開催されますので、お会いすることができます。

 3年間の新潟勤務の後、宇都宮出張所に転勤いなしましたが、先日のブログに娘の3歳ごろまでの写真をアップいたしましたが、自家用車を利用して、それはそれは楽しい日々をすごしました。

 今年6月の免許証更新にあたり、昨年9月車検の際にも随分悩みましたが、「以前から乗りたかったワーゲンのニュービートルも充分楽しんだ・・・、免許証を返上しよう・・・」と決断いたしました。
 本日(2月28日)付の返納ですが、車は、2月16日にフォルクスワーゲンの方に廃車手続きのため引き取っていただきましたので、勿論、それ以降は車の運転はしておりません。

 しかし、50年間の感覚が抜けず、昨日も家内に、「これ車に入れといて」と言ったら、「お父さん、何を言っているの車はみうないのよ」と言われて、「ああ、そうだった・・・」と反省する始末です。

 2月20日と27日が、がんセンター中央病院の受診日でしたので、家内は「お父さん、タクシーで行こうか」と言いましたが、」自宅からがんセンターまでは約7千5百円、往復で1万五千円か・・・」、「年間、血液相棒療法科U血液内科)と30回ほど通院することになるので、50万円近くなるか・・・」と考えると、やっぱり我が家には無理で、自宅➡春日井駅➡大曽根駅へ行、大曾根からタクシーでがんセンターまで行きことにしました。(1,800円〜1,900円程で、タクシーの運転手さんによれば、「大損からタクシーでがんセンタへ行かれる人が多いですよ」とのことでした。

 車がないと、舟橋植木さんが経営する「賀名生」へも、アピタ小牧店を南の方へ行った「KAN」にも、桃花台から春日井駅方面へ行った「マリオット」や「スタバ」にも行けなくなりましが、これからは、「こまき巡回バス」「ピーチバス」「桃花台バス」、さらに、春日市の「コミュニティバス」を研究して道と思っています。
 いろいろ選択肢のある中で、「一番いいのは、中央道の高速バスを利用するのが1番かな、30分程で栄や名古屋駅に行けるし」と思うようになりました。
 そういえば、今日は犬山市役所に用があり、家から徒歩2分にあるピーチバスで、名鉄小牧原駅まで行き、犬山駅まで行きました。

 「大好きで、10年近く住民登録(年間パスポート会員)している明治村に行けるカナ・・・」と心配していましたが、中央道の桃花台バス停から行くことが出来ることを確認しましたので、「ホット」しています。
 また、お弁当を作ってブラブ園内を歩いたり、疲れているときは園内バスで移動したいと思っています。
タグ:小牧市
posted by お好みシェフ at 17:49| Comment(0) | 管理者の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

高齢者講習通知書が届きました

 昨日、愛知県警察本部交通運転免許課から「高齢者講習通知書」が届きました。1月18日〜7月18日の期間に、「座学講習(安全運転の知識に関する講習)」「適性診断(視力・視野及び反応の時間・正確性)」「実車指導(指導員が同乗して校内コースの運転)」「ディスカッション(受講者の体験談等の話し合い)」で、およそ3時間を要するとのことであります。
img520.jpg


img521.jpg


 私は現在73歳、6月の誕生日で74歳になりますが、、先日報告いたしました通り、2月末頃に運転免許証の返納する決心をいたしましたので、今回案内いただいた高齢者講習会は受講いたしません。
 
 9年ほど前に「多発性骨髄腫」という血液のがんを患い、脊椎が3ケ所骨折(圧迫骨折)し、胸から腰までのコルセットをしていますし、抗がん剤の副作用で手と足がしびれています(特に足の裏にスポンジやクッションが張り付いた感覚)で、スタスタ歩けませんので、通院・買い物等に車は必要で、昨年9月の車検の時も迷いましたが、今回、3月上旬に任意保険の期間が切れるのを機に免許書返納することにいたしました。

 従来車で行っていたところの中で、行くことが出来ない所もありますが、「こまき巡回バス」等の公共交通、タクシーで行くようにいたします。
 高齢者による死亡事故が多発する中で、「免許書返納の決心をしてよかった」と、スッキリした気持ちになりました。

 実弟からは、「2月に返納する前でも、できる限り運転しないようにした方がいいよ・・・」と言われていますので、そのアドバイスも大切にしたいと思っています。
タグ:小牧市
posted by お好みシェフ at 17:56| Comment(0) | 管理者の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

先発品とジェネリックの違いなど、医薬品あれこれ

★先発医薬品と 後発医薬品(ジェネリック医薬品)
 読者の皆さまは、ジェネリック医薬品を使用されたことがありますか・・・? 今回、ジェネリック医薬品について、「あれ〜」と想うことがありましたので、ジェネリック医薬品について少し調べてみました。

エーザイ株式会社のグループ会社に、エルメットエーザイ株式会社という名前の企業があり、その会社概要には次のように記載されています。
(エルメットエーザイ株式会社の会社概要)
 エーザイグループとしてより総合的な情報・サービス・製品の提供へ
 ヘルスケアの主役が患者様とそのご家族、生活者であることを明確に認識し、そのベネフィット向上を通じてビジネスを遂行することに誇りをもちたい─この理念を一言に集約したものをhhc(ヒューマン・ヘルスケア)とよび、エーザイグループはその実現をめざして、さまざまな取組みを患者様視点で行っています。
 日本では、エーザイ・ジャパン体制の下、予防から診断、治療、ケアにおける様々な医療ニーズにお応えするための活動を行っています。最新の医療情報や治療薬の提供に加え、疾病啓発や地域医療・介護連携の支援にも注力しており、病気になっても安心して暮らせる「まちづくり」など、新たな付加価値の創出と提供により、患者様満足の充足をはかっています。
(以上)

また、エルメットエーザイ株式会社事業概要には、「付加価値型ジェネリック医薬品の研究開発、製造、販売等」と書かてています。

 私は、50年ほど前の昭和41年に薬学部を卒業し、武田薬品工業鰍ノ就職し、15年余りプロパー(現在はMRというそうです)という仕事をしていました。
 病医院で医師と面談し自社製品の優位店を説明し処方促進をするのが建前の仕事ですが、実際は、あの手この手で医師や医師の家族と仲良くなり、人間関係を築いて自社製品を使ってもらうというという仕事で、その後の日本における医薬品の乱用(過剰投与)に加担した人間の1人です。

 業界再大手の武田薬品が、他社が開発発売した医薬品と同成分の薬を物まねをして販売していた時代でしたが(例:三共が先発した「クロロマイセチン」という抗生物質と同じ成分の薬を、「マイクロシン」という名前で販売するなど多くの物まね商品を販売していました)、エーザイ株式会社は、そうした状況の中で、もねまね商品を発売することは一切なく、自社開発品(海外からの導入品を含む)に拘った会社で、うらやましく感じていましたし、職場(病医院)で会う、エーザイのプロパーの人が誇りを持ち仕事している姿に接し、何か輝いているようにも感じました。

 エルメットエーザイ株式会社が設立されたのは平成8年とのことでありますので、「あのエーザイも、後発医薬品を手掛けるようになったのか・・・」と、複雑な想いです。
 まあ、後発医薬品(ジェネリック医薬品)の市場が、今後も拡大すると、判断してのことでしょう・・・。
 


 エルメットエーザイ株式会社のホームページに、「ジェネリックってなんだろう?」というページがありましたので、その中から主な内容を次に引用させていただきます。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは
 ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、これまで有効性や安全性が実証されてきた新薬と同等と認められた低価格なお薬です。
※医薬品には、商品名の他に、有効成分を示す一般名(generic name)があります。一般名は、世界保健機関WHOに登録されている世界共通の名称です。欧米では後発医薬品の処方が一般的に行われていることが多いため、日本でもジェネリック医薬品(generic name drug)と呼ぶようになりました。
(以上)

医薬品の分類
img294.jpg 少し見難いと思いますが、医薬品には、医師の処方箋なしでドラッグストアなどで購入できる一般用医薬品と、医師から処方される医療用医薬品に分類されます。
 さらに、医療用医薬品は、新薬(先発医薬品)と、新薬の特許が切れてから別会社で販売されるジェネリック医薬品(後発医薬品)に分類されます。


新薬とジェネリック医薬品の同じところと、工夫できるところ
img295.jpg 同じところとして有効成分治療効果が、工夫できるところとして、製剤として、内服薬では飲みやすさ、外用薬では貼り薬などの貼り心地が書かれています。

 ジェネリック医薬品が、新薬に比べ、有効成分や治療効果が同じで、製剤的に飲みやすさや貼り心地の改善が図られておれば、新薬に比較して薬価基準も低価格でありますし、患者にとっても医療機関にとっても(一般的に新薬を使うよりジェネリックを使った方が、納入価と薬価の差が大きく、医療機関の利益になります)、保険財政にとっても、何も言うことはありません。
 本当に、膨大な新薬開発コストを要しないジェネリック医薬品には、一般的に上記のような工夫がされているのでしょうか・・・


 前置きが長くなりましたが、最近、私がジェネリック医薬品について感じたことを次に記述いたします。

★先発品モーラステープL40mg(祐徳薬品工業販売)と、後発品ケトプロフェンテープ40mg「日医工」(日医工株フ売)
 モーラステープ40mgは、医療機関で処方される貼り薬の代表的な商品ですので、読者の皆さまの中にも使用されたことがある方が大勢いらっしゃると思います。
 7cm×10cmの貼り薬に、ケトプロフェンという消炎鎮痛成分が20mg含有されており、薬価基準は1枚40.10円です。
 ケトプロフェンテープ40mg「日医工」は、モーラステープL40mgと成分は同じですが、薬価基準16.80円で、モーラステープL40mgより6割近く薬価基準が安い商品です。


 受診している愛知県がんセンター中央病院では、数け月前に、モーラステープL40mgをカットし、採用品目をケトプロフェンテープ40mg「日医工」に切り替えました。
モーラステープL40mg
P9080401.JPG

ケトプロフェンテープ40mg「日医工」
P9080402.JPG

 ケトプロフェンテープ40mg「日医工」が製剤的に改良され、貼り心地が良ければ問題ありませんが、現実には、貼るときに大変な苦労をいたします

 私の場合には、腰や背中に貼ることが多く、家内の手を借ります。モーラステープL40rの時は、フィルムに記載された通り、先ず、真ん中の1のフィルムを取り、その部分を患部に貼って、次いで2・3とフィルムを剥がしながら貼れば、患部にピタッと貼ることが出来ましたし、貼るのに失敗したこともありませんでした。
 その是非は別として、貼ったままお風呂に入っても、入浴後に剥がれることもありませんでした。

 しかし、ケトプロフェンテープ40mg「日医工」の場合には、湿布面が薄いのか、袋から(10枚入り)から取り出した時点で、四隅の1部がフィルム面から剥がれていることがありますし、真ん中の1のフィルムを剥がして患部に張り付けると、2・3のフィルムを剥がす際に、粘着面どうしがくっ付いてしまうことが度々あり、使用する前に捨てざるを得ないケースになる場合が度々あります。
 そして、粘着力が弱いせいか、きちんと密着して貼ることができないせいか、入浴の際に下着をぬいた時に、一緒に剥がれ落ちで来ることのしばしばです。

 今まで、内服薬については、先発品とジェネリックの差を実感できませんでしたが、貼り薬で、その大きな差を体験し、「安かろう、悪かろうでは駄目だよなあ・・・」と思いました。
※エルメットエーザイ株式会社がジェネリック医薬品を販売するときには、エーザイ鰍フ高い技術を使われると判断していますので、このようなことはないと確信していますが・・・。


★ペーパー薬剤師と医薬品メーカーとしての倫理観欠如について
 毎週火曜日に服用するステロイド剤のせいか、3週間連続して服用する抗がん剤のせいか、原因は特定できていませんが、足の筋肉が急に収縮し、激しい痛みを感じることがあります。(いわゆるこむら返りの時のような、ふくろはぎの筋肉ではなく、その両脇の筋肉の痙攣と痛みです)

 ネットで調べたり、3ケ月に1度の割合で診ていただいている整形外科部長のお話も伺って、「芍薬甘草湯」という漢方薬が効果があることを知り、3ケ月ほど前の診察の際、主治医の先生(血液細胞療法科部長)に、医療用のツムラの漢方薬「芍薬甘草湯」の処方をお願いいたしました。


ツムラの芍薬甘草湯
img296.jpg
 芍薬甘草湯の服用により、突然の痙攣と激しい痛みは軽減しましたが・・・。

 実は、過日、名古屋で法事があり、兄弟やいとこ13名と食事をした時のことです。メンバーの中には、私以外に4名の薬剤師がおり、薬学部の教授や調剤薬局の経営者もいました
 私が、芍薬甘草湯について話したら、4名の薬剤師からいっせいに、「芍薬甘草湯は、芍薬と甘草だけの処方で、甘草が大量に含まれており、連用するとむくみなどの副作用があるので、屯用がいいよ」と言われました。
 中には、「薬剤師でありながら、そのようなことも知らないのか・・・」とも言われました。

 私は、薬剤師ですが、調剤経験も全くない薬剤師でありますし、漢方薬を本格的に勉強したこともないおで、ペーパー薬剤師と言えるのでしょう。
 
 話を聞いてみると、「芍薬甘草湯には、速攻的な効果(30分程)や予防効果もあり、症状が出た時や症状が出そうなときに屯用する薬であること」を理解し、それ以降は、屯用に切り替えました。
 法事の際に、いい話を聞いたと感謝していますが、先日、整形外科部長の診察の際に、法事の時の話したら、「芍薬甘草湯の連用は、最近問題になっている」との話を伺いました。


★医薬品メーカーとしての倫理観
 私は、ドラッグストアの店頭や本部で勤務していた20年ほど前から、「小林製薬やロート製薬には、医薬品メーカーとしての倫理観が少し欠如しているのではないか・・・」との想いがあり、その考えは今でも続いています。

 テレビCMでおなじみの小林製薬は、20年ほど前までは芳香剤等の衛生雑貨のメーカーでしたが、2005年に笹岡薬品が製造する女性用の更年期障害保健薬「命の母」ブランドの独占販売権を取得。同年6月に「女性保健薬 命の母A」を当社から発売する。
 また、井藤漢方製薬と資本・業務提携を結ぶなどして、漢方薬を中心とした医薬品の販売を始めました。

 テレビで「コムレケア」という商品のCMをご覧になった方も多いと思いますが、この商品の成分は、芍薬甘草湯であります。

 箱の中の説明書には、副作用・注意として、「1.次の診断を受けた人は服用しないこと:心臓病 2.症状があるときのみの服用にとどめ、連用しないこと」と記載していますが、パッケージには、赤い文字で「満量処方」と記載されており、テレビCMでも、パッケージでも、「連用しないこと」については、全く触れておりません。

 また、ナイシトールという商品もありますが、テレビCMでご存知の通り、ナイシトールという商品名は、「内脂を取る」➡「内臓脂肪を取る」と連想させますが、ナイシトールは、内臓脂肪と全く関係ない、防風通聖散とい漢方処方の薬品で、古くから、カネボウ薬品(現在の社名はクレシエ)で「コッコアポ」という商品名で販売されていた医薬品です。

 漢方薬には、服用して効果のあるタイプの人と、効果のないタイプの人がありますが、防風通聖散を服用して効果が出るタイプは次の通りです。
 「腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなもの次の諸症。高血圧の随伴症状(どうき、肩こり、のぼせ)、肥満症、むくみ、便秘。」です。

 要は、比較的体力があり、便秘気味のある人が服用すると、皮下脂肪を減らすことができるという漢方薬なのです。

 したがって、内蔵脂肪を取り除くとイメージさせるナイシトールは、効果のある人も効果のない人もごちゃまぜにしてテレビCMを行っているのです。
 医薬品メーカーとして、何と倫理観が欠如していることなのでしょうか・・・

 「えっ、ナイシトールを、勝手に内脂を取る、勝手に内臓脂肪を取ると受け止めるのは、お前の独善だって・・・」
 
posted by お好みシェフ at 13:36| Comment(0) | 管理者の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。