2017年03月11日

小牧市情報公開・個人上保護審査会の荻原会長と大宮弁護士は責任を取って辞めるべきだ。

 山下市長から任命された「小牧市情報公開・個人情報保護審査会(第三者機関ではありません)「荻原会長と大宮弁護士は責任を取って辞めるべきだ」と私ははんだんしています。
 なぜならば、萩原会長は、前回、私が、非公開で農業公園の実質的審議をした際に、蟹会長の「一部開示の解釈を誤認していることが判明し会長を辞任された、荻原氏はその際に名古屋経済大学准教授として、その審議会に加わったが責任をとらなかった大宮弁護士は10月18日に開催されら私への聞き取りに対して上から目線の発言を繰り返したが、最終的には、最高裁の判例、横浜地裁の判例を持ち出し「審議会として扱うべき課題ではない」との結論を11月8日に出した。
 弁護士としての認識不足によるものでるが、10月18日の時点で、それを明らかにすべきであった。2人も責任を取って辞任するのが当たり前だ。即刻辞任せよ。
posted by お好みシェフ at 09:03| Comment(0) | 地方自治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。