2017年01月31日

「こまき市議会だより(NO.176)」に対する違和感

 自治会を通じて、「こまき市議会だより(NO.176)」2月1日号及び「広報こまき(NO.1280)]2月1日号が配布されました。
※市のホームページには、まだアップされていませんが、明日(2月1日)は軽視されると思います。

「こまき市議会だより(NO.176)」2月1日号に対する違和感(その1.)
◎表紙
img574.jpg

 ご覧いただいた通り、表紙には、食肉用に飼育されている名古屋コーチンの写真を掲載し、「小牧発祥名古屋コーチン(1月7日撮影)」と書かれています。

 この写真は、「こまき市議会だより」編集議員が撮影したものですが、春日井市の「稲垣養鶏場」の写真です。

 桃花台に住む私の自宅から車で5〜6分で行ける「河瀬養鶏場」では、食肉用ではなく、「名古屋コーチンの卵」を生産していますが、3年余り前から、「千寿卵」という卵を2キロ単位で購入し(2キロ1000円)ていますので、時々、おまけで名古屋コーチンの卵をいただいています。
 卵の味に敏感な家内は、名古屋コーチンの卵かけごはんを食べ、何時も「うーん、美味しい〜」と言っています。

 河瀬社長のお話によれば、「千寿卵も名古屋コーチンも、河瀬養鶏独自の同じエサで飼育しているが、名古屋コーチンは卵を産む回数が極端に少なく、どうしても割高になる(1個70円)」とのことであります。


 名古屋コーチンが小牧発祥のであることは事実ですが、市議会だよりの表紙に、春日井市の稲垣養鶏場で撮った写真を掲載することは、市民をごまかすことである、私は許すことはできません。「表紙偽造」ということです。
※私が名古屋コーチンの肉を食べたのは、もう15年余り前のことですが、グループ企業の役員懇親会で、名古屋の栄にある料理店で、刺身や鍋を食べたのが唯一の機会でした。

 そして、もう10年ほど前のことですが、春日井市の「稲垣養鶏」の売店で、「名古屋コーチンの肉」を購入し、東京に住む恩人に発送いただいたのが1度だけあります
 
 小牧市内では、「かな和」という料理屋さんで、名古屋コーチンのすき焼き(名古屋弁では、スキ焼のことをヒキズリと言います)が食べられるそうですが、1度も行ったこともありませんし、行こうと思ったこともありません。

 私は、料理大好き爺さんでありますので、多くの食品スーパーに行きますが、「名古屋コーチンブランドの鶏肉」を販売している店は1軒もありません

 したがって、小牧市民の方々の中で、名古屋コーチンの肉を食べたことがある方は、それほど多くないと判断しています。
 まさに、「空飛ぶ名古屋コーチン」と言える状態ですね。こうした状況であるにもかかわらず、「ふるさと納税の返礼品として、大々的に名古屋コーチンの肉」をPRすることに、強い違和感を抱いています。


「こまき市議会だより(NO.176)」2月1日号に対する違和感(その2.)
◎裏表紙
img575.jpg

 ご覧いただくように、裏表紙上段には、2月9日に開催される「議員研修会」、下段には、4月19日及び22日に開催される「議会報告会と市民の意見を聴く会」の案内が掲載されています。

 1月10日に開催された議会改革委員会(委員長:稲垣衿子議員)を傍聴いたしましたが、議員研修会を市民にも参加させるかどうか、議員から賛否両意見がありました。
 最終的には、2月3日より10名を限度として市民にも参加させるということになりました。但し、市民は講師に対して質問をすることができません。


 当初、私は、2月3日に議会事務局へ電話し、参加する予定で降りましたが、止めました。その理由は、テーマが「大規模自然災害発生時の議会の役割」であるからです。
 市民に対して平気で嘘を続け税金の無遣いを繰り返す山下市長の独善を許しているのは、だらしない・レベルの低い小牧市議会・小牧市議会議員が、二元代表制度下における、地方議会・地方議員の役割を全く発揮していないことに起因しています

 こうした中で、議員研修会のテーマが、「二元代表制度下における地方議会・地方議員の役割」であれば、喜んで参加いたしますが・・・。

 同日付で発行された「広報こまき」には、「特集もし災害が起こったら・・・ そのとき、小牧市民病院は?」が、8〜10ページに掲載されています。
 小牧市議会においては、(各派)代表者会議議会運営委員会全員協議会公開されておりませんので、市民お見えないところで、どのような取引が行われているか分かりませんが、「偶然に」ということはあり得ないでしょうね・・・。

 さらに、「議会報告会と市民の意見を聴く会」(当初、市民の意見を聞く会でしたが、わざわざ「聴く会」に改称したのです…)

 今回は、テーマを@災害・その他 A医療・介護・高齢者福祉 B教育・子育て の3つに分け、それぞれのブースで市民が意見を述べますが、「言いパなしの会、聞きっぱなしの会」になってしまいます。
 事実、昨年の「こまき市議会だより(NO.174)」8月1日号を読めば、「言いパなしの会、聞きっぱなしの会」であることを確認することができます。

 本来、地方議会は、議会内で検討しているテーマについて、公聴会を開催し、意識ある市民の意見を聞き、地方議会としての考えを固めていくべきですが・・・。
 という訳で、4月に開催される「議会報告会と市民の意見を聴く会」にも参加する気持ちはありません。
posted by お好みシェフ at 19:35| Comment(6) | 地方自治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1/29付けの記事にコメントが投稿できませんでしたのでこちらから失礼します。

>小牧市民の皆さん、小牧市の施設で、このように無料で使用できるギャラリースペースはありませんよね・・・。<

ラピオ内にある市民ギャラリーは施設利用料がかかりますが、ラピオ5階のセンターモール、各公民館ロビーでの展示は無料でできます。
また小牧駅地下の情報ギャラリーでも展示ができるはずです。
春日井市のように整った設備はないのは残念ですが、
便利な場所での展示は可能です。
ご参考にしていただければ幸いです。
Posted by ムーミンママ at 2017年02月01日 13:53
ムーミンママさんへ
 コメントありがとうございます。ラピオ5階のセンターモールについてはよく承知しておりまして、家内が講師をしている水彩画教室(花びらの会)の作品展を毎年4月にかいさいさています。ただし、センターモールは通路ですから、索引を搬入した時の保管場所も、オープンスペースですので芳名帳を置く場所も、お茶を飲みながら懇談するスペースもありません。ほかの施設のロビーも同様です。
 ムーミンママさんあが、「それで十分だ」と言いたいのか、単なる情報提供なのか分かりませんが。私は、現状を全く許せません。、
Posted by 堀 孝次 at 2017年02月01日 15:14
「議会研修会」について、「大規模自然災害発生時の議会の役割」ということについてですが、いわゆるBCP(事業継続計画)を議会としても策定しようというブームが全国で起きている(起きつつある?)ので、今までの地元事情とは切り分けてご注目されてはどうかと思います。

BCPについては、このあたりが詳しいかと思います。
http://www.chusho.meti.go.jp/bcp/contents/level_c/bcpgl_01_1.html
http://www.bousai.go.jp/kyoiku/kigyou/keizoku/sk.html

もともとは企業のBCP、行政のBCPの策定の動きがあるわけですが
議会にまで派生しているのは、阪神・東日本・熊本と各種の災害が生じたときに
「特に自分の支持者がいる地域を優先して物資の供給をしてほしい」
「特に自分の指示につながる場所を優先して物資の供給をしてほしい」
という、いわば災害対応や復興の場面での【我田引水】【我田引鉄】が起きる事例がある…と言われています。

市民目線からいえば、「議員を使って自分のところの優先度を上げよう」と議員を使っちゃう…みたいな。

もちろん、市民がニーズを的確に伝えるのに行政のみならず議員の方を頼り、また議員の方も地元のニーズや困難を見つけて行政に伝えることは大切であり、それぞれ間違っていないのですけれど、何をどの程度かかわったらいいのかは、市民も議員さんも正直わかっていないのが現実ではないかなと思います。

そうしたときに、いつか起きるかもしれない小牧での災害時に、市民も議員も行政も落ち着いて行動できるように、いまのうちに議会としてのBCPを議員と市民で向き合うということは大切ではないかなと思います。

図書館や病院を中心とした財政・都市計画・社会資本整備のことも大切ですが
それと切り分けて、ぜひ小牧における議会のBCPと、その姿勢を、市民代表たる堀さんの視線でお聞かせいただけたら嬉しいなとは思います。

※もちろん、何もかも伝えてくださいというわけではございません。堀さんから見て優先順位が低ければ無理なさらないでくださいね。単純に、このテーマを選択したから議会は低レベルだと言い切ってしまうのはちょっとフェアじゃないなと思ったのと、有事に市民が結果的に困ってしまう結果に跳ね返る…と思いましたので。

※BCPネタだからこそ、議員研修会に10名の市民傍聴枠を議員さんが設けたい!と思われたんじゃないかとも思いまして…。
Posted by ねこのみくす at 2017年02月04日 03:17
お返事ありがとうございます。

春日井市もですが岩倉市にも市民ギャラリーがありますので堀さんのお気持ち理解できます。

小牧も市庁舎の一部、余裕のあるスペースをミニギャラリーにされるとよいのかもしれませんね。

小牧市は文化面が(お城関連以外は)弱いように思います。運動面ではパークアリーナが素晴らしい競技施設ですが、陸上競技場はありません。
豊かなようですが一地方都市ですので、すべての充実は難しいのでしょうね。不便であったり不足があれば声を上げて改善していきたいですね。
Posted by ムーミンママ at 2017年02月07日 13:19
この表紙の写真は稲垣種鶏場の小牧市上末にある鶏舎の写真ではないしょうか。現在、稲垣種鶏場は春日井市桃山町にあるのは売店と加工場のみです。
Posted by 読者 at 2017年02月17日 00:34
読者様
 ご指摘のとおり写真は小牧市上末にある稲垣養鶏場の写真で私も現場を確認しています。
 ただし、この場所で名古屋コーチンの肉を生産している点ついては確認できていません。
 現状では、「名古屋コーチンの卵」は上末で生産しても、「名古屋コーチンの肉」は、春日井の桃山の稲垣養鶏に異動し、もう少し大きく育ててから肉にしていると判断しています。

 読者様、1度ご自身で確認してくださね。
Posted by 堀 孝次 at 2017年02月28日 18:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。