2015年01月26日

山下市長の呆れ果てた認識

 山下しずお公式Webサイトに、「あいさつ(平成27年1月24日)」が掲載されました。
 昨日のブログに、「山下市長は市有地売却に関わる弁明文を多くの市民に封書で郵送した」と書きましたが、郵送した弁明文は上記の「あいさつ(平成27年1月24日)」だったのでした。
山下しずお公式Webサイトと言っても、3年半ほど全く更新せず、市長選挙が近づいてきたのに合わせて急に更新を始めたもので、まあそんな程度のサイトですが・・・。

 本日は、Webサイトに掲載された「あいさつ(平成27年1月24日)」を点検することにより、山下市長の呆れ果てた認識を明らかにいたします。
 「あなたは、本当に、本当に小牧市長なのですか」と問うために。
  
★市有地売却問題について
 先ず、あいさつ文の後段部分を次に引用いたします。なお、私が文字を青色に変え下線を付けた部分は、山下市長のあきれ果てた認識を指摘する部分です。
(あいさつ文の後段部分) 
 先日は、過去に市が行った小牧駅前A街区の市有地売却について、他の候補を支援する政治団体の誹謗ビラと連動するかのように、住民監査請求がありました。新聞報道されると、その内容を事実だと感じる方は多いと思いますが、しかし記事をよく見ていただくと「監査を請求した人は、〜と主張している」と表現されているだけです。市は請求の主張を認めていません。
 売却の経緯は別ページに記載した通りですが、市は今回の売却にあたって事前に市議会に説明しており、市議会で反対意見を述べた議員は一人もいません
 市は外部の専門家の客観的な鑑定に基づいて売却価格を決定しており、その価格は下記の通り、市が確認している周辺の公示価格や売買実例とほぼ同額で、予算・決算ともに議会の承認・認定を得ています。
私、山下しずおは、職員とともに、公正かつ適正に市政を運営しています。今後とも皆様の信頼に応えられますよう全力を傾注してまいります。
ご支援を心からお願い申し上げます。
(以上)
※あいさつの全文は、冒頭の「あいさつ(平成27年1月24日)」をクリックしてご覧ください。
誹謗ビラなのか!
 山下市長が「誹謗ビラ」と決めつけたのは、以前にもブログで取上げましたが、じょうね幹也候補を支援する「輝く小牧をつくる会」が作成した資料です。
 この資料は、原則の一般競争入札によらず、違法に随意契約により市有地を売却したことを取上げたものでありますので、私は、誹謗ビラではない、事実を指摘した資料だと確信しています。
 逆に、この資料を誹謗ビラと決めつける山下市長の方が、あきれ果てた認識なのであります。

新聞記事を捉えて反論とは!
 あいさつ文には、記事をよく見ていただくと「監査を請求した人は、〜と主張している」と表現されているだけです。市は請求の主張を認めていません、と書かれています。
 当初、あいさつ文のこの部分について、山下市長が何を言いたいのか分かりませんでしたが、次に掲載した1月16日の中日新聞の記事の赤線を付けた部分を捉えて、住民監査請求書を提出した市民に反論していることが分かりました。
img310.jpg

 新聞記事を捉えて、反論する山下市長のあきれ果てた認識に驚くとともに、「市は請求の主張を認めていません」とは何事なのでしょうか。
 住民監査請求書は小牧市監査委員に提出されたものであり、市が請求の主張を認める・認めない云々の問題では全くありません。
 あきれ果てた認識であるだけでなく、山下市長に「あんたはアホか・・・、市長をよく務めていますね・・・」と、言いたくなりました。
※私は、16日にこの記事を読んだ時には、「15日に請求人代理人弁護士が記者会見した時、記者には住民監査請求書の写しが配布された」と認識しましたし、今回の監査請求の要点を市民に分かり易くまとめた記事だ」と判断したのですが・・・。

議会に責任を押し付けた!
 「事前に市議会に説明しており、市議会で反対意見を述べた議員は一人もいません」と述べています。
 これは平成24年11月26日に開催された小牧市議会の小牧駅周辺活性化委員会において、当時の都市政策課の鵜飼課長(現市政戦略課長)から、「現在ラピオビルの西隣に本店がある東春信用金庫が、A街区に本店を新築移転する予定であること」、「(24年)9月に小牧市に対して隣接する市有地の譲渡申し入れを行ったこと」「小牧市は市有地を東春信用金庫に売却する方向で検討しているとのこと」を説明したことを示しています。
 この委員会を傍聴していましたが、確かに東春信用金庫への市有地売却に関しては、簡単な質疑のみで委員会は30分程で終了いたしました
 
 私は、この日のブログの文末に「行政をチェックする立場である議会の小牧駅周辺活性化委員会の質疑を傍聴して、正直なところ、議員の方々には、もっともっと勉強して、駅周辺整備に関する議論を深めて欲しいと感じました。将来に負の遺産を残さないために・・・」と書きました。

 この委員会の当時、小牧市議の殆どは、地方自治体が市有地を売却する場合には、原則として一般競争入札の方法によるものとされ、政令で定める場合には、指名競争入札、随意契約、せり売りの方法によることがができるとされていること定めた地方自治法第234条1項・2項を承知されていなかったのでしょう。
 
 さらに、地方自治法施行令第167条の2に随意契約によることが出来る場合を規定していることも承知されていなかったのでしょう。
 また、これらを受けて策定された小牧市普通財産土地の売払いに関する要綱」も公開されておりませんので(現在も公開されて降りません・・・)、小牧市議はこの要綱の存在を知らなかったのでしょう

 従って、「市議会で反対意見を述べた議員は一人もいません」という結果になるのは当たり前のことであり、議員が積極的に賛同したということではありません。
 たとえ、議員が上記すべてを承知して25年度予算(当初予算の売却による歳入)を可決し、25年度決算(売却による歳入)の承認を行ったとしても、違法に随意契約で市有地を売却した山下市長の責任がまぬがれることはできません。

 本来、絶大な権限があるために独善に陥り易い市長を監視するために地方自治法で設置することが規定されている地方議会を、腰抜け議会にしてしまったのは、山下市長、あなたですよ」と申し上げておきます。

鑑定に基づいた売却価格など全く関係ない!
 「市は外部の専門家の客観的な鑑定に基づいて売却価格を決定しており」と述べていますが、一般競争入札にすべき市有地を、山下市長が違法に随意契約で売却したのですから、鑑定に基づいた売却価格など全く関係ない事柄です
 違法な行為をしておきながら、詳しいことを知らない市民(支援者?)をごまかす、山下市長が度々使う得意の手法です。
 このようなことで逃れられるとの思うのは、あきれ果てた認識であり、市政に関心のある市民、市職員や議員をごまかすことはできませんよ 

えっ、急に職員とともに!
山下しずおは、職員とともに、公正かつ適正に市政を運営しています」と述べています。
 山下市長が「職員とともに」と言うのを初めて聞きました。ものが言えない市役所にしておきながら、選挙を控えて、急に「職員とともに、公正かつ適正に市政を運営しています」と言い出すことに対して、思わず笑ってしまいました。
 
違法な要綱の改正!
 あいさつ文の中には、「小牧市普通財産土地の売払いに関する要綱」に触れていませんが、東春信用金庫からの市有地の譲渡申し入れを受けた後に、要綱を改正しています。
 問題は、この改正自体が違法な行為であり、即刻改定前の条文に戻さなければなりません。

★裸の王様について
 あいさつ文の前段部分で山下市長は、 「私は、自分で言うのもなんですが、子どもの頃から曲がったことが大嫌いで正義感が人一倍強い性格です。『まっすぐ』『正直過ぎる』とよく言われてきました。そのため人とぶつかることも多々ありますが、しかし、その分、“正直”“公正”“クリーン”ということについては絶対の自信を持っています。私は信念として、自らの私利私欲のために市政を曲げたりは絶対にしません」と述べています。

 裸の王様ですので、周りの人からどう見られているか全く認知していません。また、周りの職員も怖くて何も言えないでしょう。そこで私が裸の王様に周りの人がどう見ているかを教えて差し上げます。
1.体は大人に成長していますが、心・精神は子どもの時のままで成長がストップしています。そのために、他人に対する思いやりの心などが全く備わっていないですよ。
2.「まっすぐ」「正直過ぎる」ではなく、「人の言うことを全く聞かない」「頑固過ぎる」ですよ。
3.市有地売却問題、市立みなみ保育園の指定管理者応募問題・・・、これらは、“正直”“公正”“クリーン”ではなく、“不誠実”“不公正”“ダーク”ですよ。

 
 山下市長は、あいさつ文と真逆に、小牧市民のための市政運営ではなく、「山下史守朗個人のために小牧市政を利用しているのです。 

(26日午後7時20分追加)
 じょうね幹也氏の活動ブログに個人演説会の今後の予定(現在確定しているもののみ)が次のように掲載されました。
28(水)
15時 浦田五共会館
19時 久保会館
19時15分 久保一色会館
19時30分 南岩崎台会館
29(木)
19時 田県久保山会館
19時15分 小牧原西会館
19時30分 米野会館
30(金)
19時 野口会館
19時15分 JA陶支店
19時30分 JA小牧支店
31(土)
18時30分 南外山会館
19時 北外山会館
19時30分 常普請会館
 お近くで開催されるときは、じょうね幹也氏の生の訴えを是非お聞きください。
ラベル:地方自治 小牧市
posted by お好みシェフ at 17:04| Comment(0) | 地方自治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。