2014年09月03日

小牧市図書館に係わる新聞報道は正確を期すべきだ!

 小牧市が8月26日に「記者発表資料」として公表した「新図書館建設に係わる連携民間企業事業者の決定」に基づいて、8月30日に中日新聞朝刊近郊版に次の記事が掲載されました。
 
 記事は、「ツタヤ図書館『小牧の顔に』」、「17年度開館 カフェ案も」の見出しで、写真入りの4段におよぶ近郊版掲載記事としては極めて大きな記事でありました。
8月30日中日新聞近郊版(16頁)
img145.jpg


 記者の署名入りで、昨年6月頃に静岡県勤務から小牧通信局長に赴任した加藤隆士記者の書いた記事ですが、私は、「残念ながら、今回小牧市が公表した内容についても、連携民間企業事業者(CCC・TRC)についても、武雄市図書館についても、指定管理者制度についても、小牧市図書館整備に係わる経緯についても、記者として適正な認識、正確な事実に基づくものではない!」と判断いたしました。

 加藤記者の前任者の平井記者は、取材もろくにしないで、小牧市の言われるままに記事を垂れ流したり、個人情報漏えいに基づく情報提供であることを認識しておりながら、近郊版のみならず社会面にも取上げたことにより、私は「最悪・最低の記者だ」と私は判断し、長年続けていた中日新聞の定期購読も止めました。
 それに比し、加藤記者は本会議や委員会をよく傍聴していますし、市から言われるままの記事を垂れ流すこともありません。
 1年ほど前に、加藤記者の方から声をかけられ、名刺交換をいたしまし、過去の中日新聞に関することを少し話しましたが、中日新聞はこの地方では定期購読されている方が圧倒的に多い新聞ですので、小牧市図書館について、間違った認識を持たないようにするために、そして、今後加藤記者が書く記事が適正な認識、正確な事実に基づく内容であることを期待して、今回あえてブログで取上げさせていただきました。あしからず・・・。

★適正な認識、正確な事実に基づかない記事は5点
img146.jpg

 赤い枠で囲った部分が、私が「適正な認識、正確な事実に基づかない記事だ」と判断した部分です
 それぞれについて、その根拠を順次記載いたします。

★ツタヤ図書館?(赤枠Aの部分)
 記事の見出しは、「ツタヤ図書館 小牧の顔に」としていますが、ネット上では1部のメディアが「ツタヤ図書館」と表現したりしていますが、現時点で市民向けの記事のトップの大きな見出しに「ツタヤ図書館」と書くことは、市民に誤解を招き、市民をミスリードする内容だと私は判断いたします。

 なお、「小牧の顔に」の部分に関しては、記事の中で、山下史守朗市長は「新たな市の顔。これまで来てもらえなかった市民が来てもらえるような図書館になると話し、駅前の商店街などへの波及効果を期待した」に基づくものでありますので、加藤記者の責任範疇でありませんので、「小牧の顔」云々に関しましては山下市長の問題として本日の文末部分に記述いたします。

★CCCが運営することになった?(赤枠Bの部分)
赤枠Bの内容(6行の記事)
 レンタル大手「TSUTAYA(ツタヤ)」を展開するカルチャコ・ンビニエンス・クラブ(CCC、東京)が運営することになった新しい小牧市立図書館。名鉄小牧駅前の市有地に移転新築される。新たな魅力を設けて利用客の大幅増を目指すとともに、駅前のにぎわい創出も期待されている。(以上、引用終わり)

 先ず、カルチャコ・ンビニエンス・クラブ(CCC)という企業について、「レンタル大手「TSUTAYA(ツタヤ)を展開する」と紹介していますが、この点について私は「不十分な内容だ」と判断しています。
 
 ウイキペディアでは、カルチャコ・ンビニエンス・クラブ(CCC)について次のように説明しています。
(ウイキペディアから一部引用)
 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(Culture Convenience Club Company, Limited)は、約4500万人の会員データベースを基盤として、「TSUTAYA」の直営およびフランチャイズ事業、その他のネットエンタテインメント事業、並びに「Tポイント」の運営並びにコンサルティング事業を行う日本の会社である。
 1983年3月24日創業。現在は、TSUTAYA事業とネット(EC)事業、Tポイント事業の3つの事業を中核事業とする、「CCCグループ(カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社グループ)」を統括する事業持株会社である。
TSUTAYA事業 1としては、1. 音楽・映像ソフトレンタル 2. 音楽・映像ソフト販売 3. 書籍・雑誌販売 4. 中古本買取・販売。
(以上、引用終わり)

 このような企業内容であるカルチャコ・ンビニエンス・クラブについて「レンタル大手「TSUTAYA(ツタヤ)を展開する」と紹介することについて、私は「新聞記事として不十分な内容だ」と判断したんであります。

 その点以上に間違っているは「カルチャコ・ンビニエンス・クラブ(CCC、東京)が運営することになった新しい小牧市立図書館」としている点です。
 今回、小牧市が記者発表資料として公表したのは「新図書館建設に係わる連携民間企業事業者の決定」であり、今後CCCとTRCの共同事業体とアドバオザリー契約を締結し設計等のアドバイスをしてもらうという内容です
 それにもかかわらず、記事ではCCC1社が新図書館の指定管理者に決定したように書いていますが、これは今回の記者発表資料を正しく認識しない、市民をミスリードする内容であると確信いたしました。
 このまま台本通りに、CCC・TRCがこの先指定管理者に選定されることは間違いないと思いますが、指定管理者の選定には議会の議決が必要です。そのことを認識しないで、「現時点でCCCが指定管理者に選定されたような記事を書くことは大きな間違いである」と、私は確信いたしました

★新図書館の整備の出発点は「老朽化や駐車場不足」ではない!(赤枠のCの部分)
 現在の市立図書館は1978年(昭和53年)に開館。老朽化や駐車場不足を理由に、市は新図書館の整備を検討してきた。一時、駅前の再開発ビル「ラピオ」に移設する方向でまとまっていたが、2011年に就任した山下市長が白紙に戻した。結局、現在は市営駅西駐車場になっている市有地約3,800平方メートルに新築することを決めた。(以上、引用終わり)

 記事では、「老朽化や駐車場不足を理由に、市は新図書館の整備を検討してきた」としていますが、これは「新小牧市立図書館建設基本構想(平成19年度)」や、「新小牧市立図書館建設基本計画(平成20年度)」を正しく認識しないことに基づくものであると判断いたします。

 基本構想は、これからの小牧市において、新しい図書館の担うべき役割とともにどのような機能やサービスを実現していくことが望ましいかをまとめたものであり、基本計画は、平成20年度は同委員会において、その基本構想を基礎として、平成21年3月に「新小牧市立図書館建設基本計画書」として完成したものであります。
 このように、新図書館整備の出発点は「建物の老朽化や駐車場不足ではありません」「今後の新図書館はどうあるべきかを最大の視点」として多くの市民が係わって検討したものであります。
 加藤記者は、基本構想・基本計画が策定された頃は小牧通信局に勤務しておりませんでしたが、「記事として(しかも大きな記事として取り上げる場合には、過去の資料を十分に調査すべきである」と確信いたします。

 なお、後段の「山下市長が白紙に戻した・・・」云々に関しては、「市民を欺く行為だ!」として度々当ブログで取上げてまいりました。

★現在、図書流通センター(TRC)は指定管理者ではない!(赤枠のDの部分)
 市は今回、図書館の機能や運営方法などを提案してもらって審査する公募型プロポーザル方式で、指定管理者にもなる業者を選定。CCCと、現在の指定管理者の図書流通センター(TRC、東京)つくる共同事業体に決めた。(以上、引用終わり)

 前述した通り、今回小牧市が8月26日に記者発表資料として公表したないようは、CCCとTRCの共同事業体を新図書館の指定管理者に選定したということではありません
 それにもかかわらず、「指定管理者にもなる業者を選定」と書くこと、さらに「現在の指定管理者の図書流通センター(TRC)」と書くことは、大きな誤認に基づく内容であります。
 小牧市の図書館(小牧市立図書館)および3地区(篠岡・味岡・北里)の図書室の窓口業務等を平成18年度から図書流通センター(TRC)に業務委託しておりますが、図書館・図書室の運営に対してTRCを指定管理者に選定した訳ではありません。
※小牧市図書館は小牧地区の地域館と、4つの地域間の中央館としての役割を有しています。
 
 そのために、基本構想・基本計画において「運営は小牧市直営」としていたものを、4月21日に開催した図書館協議会において、事務局が吉村会長とつるんで、基本構想・基本計画に係わった委員が納得しない状態で、強引に「指定管理者による運営」に変更し、さらに6月議会でこれに係わる条例改正案を提出・議決したのであります
 このあたりの関しては、加藤記者は小牧通信歔欷長として十分に把握されているものと思っていましたが・・・、残念な状況であります。

★小牧市提供の写真を掲載することの是非
 今回の記事では、30%ほどを占めるスペースに小牧市提供の「佐賀県武雄市の市立図書館」の写真を掲載しています。
 新聞記事に指定提供の写真を掲載することは、よくあることでありますが、武雄市図書館を武雄市の市立図書館と記載することは許せたとしても、武雄市図書館の内部の写真に小牧市から提供された写真を堂々と使うことは、「新聞記者としてのプライドがないのか!」と私は思ってしまいます。

 写真は、昨年から本年にかけて、市長、市著公室長、市政戦略課長、小牧市議(16名)が視察した時に撮った写真なのか、あるいはCCCから小牧市が提供された写真なのかは分かりませんが。
 記者として、今回の記事に武雄市図書館の写真を掲載するのでああれば、「独自のルートで入手した写真を掲載すべきである」と私は思いました。

 以上5点が私が「適正な認識、正確な事実に基づかない記事だ!」と判断した部分です。これはあくまでも「こまき無答塾ブログ」の管理者としての私の視点に基づく判断であります。
 読者の皆様の中で「管理者の視点の方が間違っている」、「新聞記事は正しい」と判断される方がいらっしゃいましたら、どうぞコメントをいただきたいと思います。出来れば、本名で責任あるコメントをいただけるとありがたいのねすが・・・。私の視点が間違っておれば訂正したいと思っておりますので。

★小牧市の顔について
 山下市長は、新図書館について「新たな市の顔」、「駅前の商店街などへの波及効果を期待」と述べていますが、私は小牧市民として、この発言を全く理解することはできません
 山下市長が、「新図書館整備は、市長選挙に向けた大きな顔だ!」と述べるのであれば良く理解することが出来ますが。

 以前から、小牧駅周辺の整備に際して、「小牧駅前は小牧の顔だ」、「A街区は小牧の顔だ」という発言が市職員、審議会委員、小牧市胃から度々ありました。
 私は個人的に、「小牧市の顔」という表現をすることに賛同できない人間です。それは、「小牧市民が、小牧に住んで良かったと心から思うのは、小牧の顔云々ではない」と判断しているからであります。

 強いて「小牧の顔」としてアピールするのであれば、次の2点であります。
 1点目は、法人住民税で小牧市の財政に大きく貢献している企業(工場)に関して、「小牧市民が各企業の内容を共有し、小牧市は企業を通じて、全国、世界、さらに宇宙と繋がっているのだ・・・」と認識させることであります。
 2点目は、現時点では殆ど活用されておりませんが、造形大学・文教大学・メナード美術館・中部フルハーモニーと連携し、「小牧市民が、それぞれに文化、様々な芸術を楽しむ小牧市にすること」であると確信いたします。
 新図書館整備にどの程度の税金を投入するのか明らかにされておりませんが、公共事業の入札不調が続発する中において、膨大な金額になることは明らかであります。
 そのようなお金をかけて整備しても、過半数は近隣市町からの来館者であることが武雄市図書館の事例から容易の予測出来ます。
 「そうなれば、小牧駅周辺の車が渋滞し、駐車場が満車状態になるだけだ」と、さらに「小牧駅周辺の店舗の活性化には全くつながらない」と私は判断しています。
 
 このようなことは、小牧市民のためになるのではなく、山下市長自信が目立ちたいためのことであり、性懲りもなく、全国の他市町で成功している政策をつまみ食いしている山下市長の首長としての資質低さを表しています。
 成功事例には、その地域の文化・環境・歴史が大きく関与していますし、何よりのその政策を推進してきた首長の資質が大きく関係していることを、全く理解しることがなく・・・。困ったもんですね。 
ラベル:地方自治 小牧市
posted by お好みシェフ at 14:33| Comment(4) | 地方自治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
瀬戸市在住の,たけお問題(主に武雄市図書館・歴史資料館)を追っているものです。

実名で責任をもってとのご要望もあり,まずは間違い指摘ではないですが異論を述べさせていただきたいと思います。
5点目に指摘されている“小牧市提供の写真を掲載することの是非”についてですが,その是非以前に写真の掲載された武雄市図書館・歴史資料館では,改装後写真撮影が禁止とされています。
マスメディアで相応の理由があれば申請することで許可されるものと思われますが,該当記事掲載の目的等によっては許可されない可能性も考えられます。
そのような“取材”を行ったのか?という疑問の余地を生むという意味でも当該写真の是非は別途問題になるものとも考えますが,必ずしも小牧市“提供の写真”を使用したことが不適切とは言えないのではないか,とも思いました。

そのうえで,以降はご意見に対する私見を少し述べさせていただきます。

ツイッターでも見かけたのですが,“新小牧市立図書館建設アドバイザリー業務”に“基本設計事業者の選定に係る募集要領及び審査基準等の作成支援”が含まれるというのは,どう考えてもおかしいのではないかと思いました。
(以下に,上記文中に引用,参照したツイートを転載します。)
@Ivarn さんのツイートより
“いや,マジ小牧市おかしいんちゃうの?“新小牧市立図書館建設アドバイザリー業務”に“基本設計事業者の選定に係る募集要領及び審査基準等の作成支援”が含まれるって。自分たちで“募集要領及び審査基準等”作成支援した内容に対し,応募できるんかな(・.・;)”
- https://twitter.com/Ivarn/status/505867482926559232

このように,アドバイザーとして基本設計事業者の選定にかかわる内容をアドバイスさせることは,その事業者に対して便宜を図ることにも等しいように思えます。
その意味で,“赤枠Bの部分”の指摘は御用メディアに成り下がったか,そのような事実誤認を形成する非常に危険な報道だと賛同します。

また,“赤枠のCの部分”については,もしも本当に老朽化等が根本原因となる改装検討であるとするならば,すでに事実上5年もの期間放置されていることをこそ問題視し,報じてしかるべきとも思えますが,まったく論じられていないように見受けられます。
そういった点からも,まったくもって論点のずれた,あるいは単なる市広報内容の受け売りとしか思えません。

D部分については現状を把握,認識しておりませんので言及を控えますが,基本計画で運営は市直営でとされていたものが改変されてしまったことは残念に思います。

最後に,記事タイトルにもなっているツタヤ図書館,小牧市の顔についてですが,正直なところ私が住んでいる瀬戸市からは交通の便から言っても公共交通機関利用では名古屋市を経由する必要があり,近くて遠い存在です。そのため,顔というほどの強い印象も持たないのですが…。
少なくとも,図書館は地域の顔となるような性格の施設ではなく,その目的,役割からも地域の足腰(あえて顔に倣って体でたとえれば)となるような存在だと考えます。
市民,住民の知の拠点として教育,文化の育成,向上を下支えし,市民が誇れる市を形成する糧となるべき施設ではないでしょうか。
そのような施設を,市の顔として素敵空間としたところで,永きに亘ってそのような施設たり得る状況を維持できるものとは到底思えません。
本当にデザイン性をも加味して顔たり得る施設を目指すならば,そのような表面的なことではなく,利便性や機能性を兼ね備えた普遍的な価値を提供しうる“ユニバーサルデザイン”として地方の公共施設として代表されるといわれるような機能美を目指すべきではないかと考えます。
その意味で,ツイッター上の #たけお問題 #takeolibrary 等タグで散見されるような問題,例えば高層書架はまったくもって見た目だけの機能美とは対極を行くものであり,かような施設をデザインしたCCCに,そのような機能美を望みうるものとは考えられない,と断じざるを得ないものと考えます。
そのような私見から,“ツタヤ図書館”が“小牧市の顔”となった時,それは恥ずべきことだとしか思えないことをお伝えし,結びとします。

長文,失礼いたしました。
Posted by 小池 純一 at 2014年09月06日 10:17
小池 純一様
 適切なアドバイスやご意見をいただき心よりお礼申し上げます。
 写真を「小牧市提供」と書いて掲載したことに関しては、5点目の問題点として取上げましたが、「記者発表資料より」として掲載すれば良かったかもしれませんね。
 撮影禁止ということは知りませんでしたので、「記者発表資料」に掲載された写真はCCCから小牧市が提供された写真であるのでしょうね。
 私は、これだけの誌面を割く記事であれば、記者がCCCから直接写真の提供を受けるのが本筋だと思いましたので・・・。

 Bの赤枠の部分に関しては、ご指摘の通りです。今後、アドバイサリー契約に基づく建物が出来れば、筋書き通りにCCCとTRCの共同体が指定管理者に選定されるのは間違いありません。
 平成19年度〜20年度に多くに市民が参加し、数々の手続きを経て策定した新図書館建設基本構想・基本計画を無視し、運営を小牧市直営から指定管理者運営に変更するだけでなく、基本構想・基本計画に集約された市民の想いも無視するような今回のやり方は絶対に間違っていると私は間違っていると判断しています。
 そのベースは、山下市長の「適切な根拠もなく前任者のやったことを非難し、自分のやることを目立たせたい」という、幼稚で人間性に欠ける暴挙です。

 Cの赤枠の老朽化については、現在の建物は耐震基準を満たしていますので、その点では問題はありませんが、長年建物のメンテナンスを怠っていたことによる老朽化や、スペースが狭いということは間違いない事実です。

 Dの赤枠に関しては、記者の事実誤認です。小牧市の図書館(小牧市立図書館と3館の地域図書室)は、現在小牧市が直営で運営し、窓口業務はTRCに平成18年度から業務委託していますが指定管理者ではありません。
 なお、以前ブログに書きましたが、TRCスタッフの対応について私は「いい対応をしている・・・」と判断しています。

 建設予定地の隣に5階建ての再開発ビル「ラピオ」がありますが、近い将来大きな空床が出来る可能性があります。
 そうした場合には、多額の税金を使って建設するより、ラピオビルに移設すべきと思っています。

 山下市長は、就任以来他市町の成功事例に飛びつき物まねしていますが、1つも成功していません。
 今回の計画が実施されれば、他市町から図書館に来る人が増えるでしょうが、ただそれだけで、駅前の車が渋滞し、駐車場が混むだけであり、本来の図書館のあり方からもズレますし、小牧市民のためにはなりません。

 小牧市の問題点は山下市長の独善と、それを監視できない小牧市議会の機能不足です。50対50かな・・・。
 コメントありがとうございました。
Posted by 堀 孝次 at 2014年09月06日 12:27
鳥取の片隅で古本屋をやってます名越と申します。

今回の小牧市の件ですが、議会議決前のマスコミへの発表そのものが、
事実上の指定管理者選定行為と言えますから、
正に違法(条例違反)といえましょう。
CCCは候補から除外されても止むを得ません。

指定管理者は「原則として」公募/入札とされている筈です。
きちんと募集要項を発表すれば、CCCでなくとも、「自分」ですらプランを立案できます。

事前報道・発表で一社随契状態にしてしまう手法は許されてはなりません。
Posted by 名越 豊 at 2014年09月06日 19:51
名越 豊様
 コメントありがとうございます。今回の「新図書館建設に係わる連携民間企業事業者の決定」は、議会の議決要件ではありませんが、事実上は今後の指定管理者選定のようなものですかから、ご指摘のように違法と言えるかも知れませんね。
 公募型プロポーザル方式という名のもとに、陰で市民に見えないようなしていろいろやっているのですね。
 市議会にチェック機能がないから、市民が頑張って監視しなければと思っています。応援してください。
Posted by 堀 孝次 at 2014年09月06日 21:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。