2017年03月17日

まるで、「こまき巡回バス」「ピーチバス」の研究家のごとく・・・

 篠岡区長会会長・TUMKOの会名誉会長の小柳松夫さんがおられ、「こんな時に(雪が舞う中で)来てくれる人こそ、本当に桃花台のことを想ってくれてる人だ・・・」と、硬い握手をしていただきまいた。
 受付では、玉井宰議員(桃花台・光ケ丘)、西尾貞臣議員(大草)に挨拶し、ホールへ入ろうといた時に、TUMKOの会の共同代表の刈谷敏彦さんとお会いしました。
 刈谷さんは、私の方を抱きかかえるようにして、「参加いただいてありがとうございます。また、いつもご意見番ありがとうございます」と言っていただきました。
 私の方からは、「今日は雪が降ろうが、槍が降ろうが参加する予定でしたよ」とご返事させていただきました。

 また、悪天候にも関わらず、200名ほどの市民お皆さんが参加され、桃花台に住む方のテーマに関する意識レベルの高さが伺え、嬉しくなりました。
 TUMKOの会の共同代表の刈谷敏彦さんからは、「堀さんのデータ(桃花台の中でも地区によって高齢化率が全く違うこと)を参考にさせていただいた。小牧市からは何の支援もない」とおっしゃっていただきました。

 ここで、「こまき巡回バス」「ピーチバス」私見を記述いたします。
 先日、情報公開コーナーでコピーした、「平成29年度当初予算案」よれば、巡回バスに要する予算は1億3千数約万円です。
 全国の自治体が公共交通に投入できる税金には限度があいますので、小牧市が全国の自治体の予算歳入規模・予算支出規模と比較検討すべきであります。

 また、ピーチバスについては、「ピーチライナーの代替え運行」ですので、基本的には、「愛知県の援助を得て、小牧東駅」から「小牧駅」までの運行ですが、小牧市市役所まで延伸するのは、まあ、ありかなと思いますが、ピーチバスは「回送」で空気を運んでいる場合が多く、ピーチバスの運行について、あおい交通は考えるべきだと思います。

 また、名鉄間内駅から岩倉駅行の名鉄バスに約2,000万円以上の税金を投入していますが、乗降客が増えているわけではなく、名鉄に対する補助を打ち切るべきであります。
posted by お好みシェフ at 12:14| Comment(0) | 地方自治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

最悪・最低の小牧市議会議員

 平成29年第1回定例会(3月議会)における代表質問・個人通告質問のうち、私が「許すことが出来ない」と判断した議員について記述いたします。

 先ず、小牧市議の中で一番若い「小沢国大議員(民進党・1期目)」、そして、「谷田貝将典議員(民進党・3期目)」「玉井宰議員(牧政会・3期目)」です。

 私は、3月議会の開催に際し、約270枚のコピーを撮りました。平成29年度一般会計予算案を中心に、傍聴者に配布される「上程議案の概要版」ではなく、「本会議場で理事者側から説明される議案説明書」です。
 年4回の定例会、この項なコピーを10年間続けていると、(新庁舎が出来る前は、小牧山の麓にあった本庁舎でコピーを撮っていました。
 10年間で撮ったコピーは約5万枚(約50万円です)「客観的データーに基づく事実を読者の皆様に提供したい」という一念のみであり、それを皆様がどう判断されるかは、皆様の判断に委ねています。「むしろ、こまき無答塾の管理者とは違う。それぞれの考えを持ち、小牧市政に参画して頂くことを望んでいます」

 小沢議員は、私のこのような活動を全く認知しないで予算書・決算書を、私以上に勉強しなければ立場であるに来関わらず、「現在の情報公開コーナーは。1階にあり。エレベーター2基ある庁舎北側の何階かに移せ」とむかしたのです。
 そして、「FBでは、きれいな奥様の写真を掲げでいるのです」。「改めて言う。小牧市議を辞めろ。1期目の議員も、期数を重ねた議員も年間報酬(約800万円)は、変わらない」「市民の負担している税金の無駄遣いだ・・・」、「辞めろ」


 谷田貝議員は、空手で鍛えなムッチョな体系をしているが、女性に対する優しさが全くなく、未だに独身だ。
 小牧市立新図書館建設審議会の際、谷田貝議員の「次の選挙で立候補する気持ちがあったら話したいことがある・・・」、「何処かで話をしたい」と伝えた。
 桃花台のぴエスタのサイゼリアで会うこととになった。丁度、お父さんが倒れ市民病院へ入院中という時期であったが、言いたいことは伝えた」
 同じく民進党(議員になった当時は民主党)の小川真由美議員が、議員控室のあるトイレでよく泣いていたとの、トイレ掃除のおばちゃん情報。谷田貝議員にイジメられて泣いていたとのこと。
 新人の小沢議員と、小川真由美議員は、「谷田貝議員と一緒の会派には、居たくない」ということで、分裂状態にあり、谷田貝議員は「政道クラブ」に属している。

 昨年、10月に森本衆議院議員候補とゆっくり話し合う機会があったが、「当選できるかどうかは、小牧市、特に、桃花台住民を抑えられるかどうかがポイントだ」と申し上げたら、同意見であった。そして、「最近、小牧市内を歩くと山下市長の評判良くないね」、「葬儀であってもしたお向いたままで・・・」と言われた。
 この時は、森本さんから「ブログには書かないでと言われたが、衆議院議員選挙も秋まで延びそうだし、安倍・小池・稲田防衛大臣の評価が下がる一方であり、森本さん(東大法学部卒)が、桃花台を中心に抑えれば、丹羽議員を破って当選する可能性が高い」と判断している。


 玉井委員は、刈谷さんや大杉さんがやっている「tumuko]の会を支援しているように議会で発言しているが嘘うそだ」、「ファミリーマート北側に積水が建売住宅を販売したが(完売)したが、その中にクリニックの建物が出来たことも認知していない」有様だ・・・。
posted by お好みシェフ at 18:50| Comment(0) | 地方自治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

気持ちのいい「ネズミ捕り、気分の悪い「ネズミ捕り」

 小牧警察署の行って「ネズミ捕り」を批判することは問題があるかの知れませんが、「小牧市民のためもっとやるべきことがあるだろう・・・」いう観点から記事いたします。

 私は、車の免許証を2月末で返上しましたし、2月13日にデーラーに車(ニユービートルズ)を廃車してもらいましたので、「きぶんの悪いネズミ捕りに遭遇することはありません」

 その1ケ所は、小牧市役所アピタ小牧店前左折して創価学会の建物横を通り川沿いの道を左折するところ、ここは川沿いに北上してきた車の優先道路ですので、50メートル余り先に止まった小牧警察のパトカーが見張っていて、アピタ方面から左折した車が一旦停止しないと「ネズミ捕り」で捕まります。
 ニコニコ顔の小牧警察員と、浮かぬ顔の「ネズミ捕り」で検挙された市民。


 もう1ケ所は、現在「工事中」ということで暫く「ネズミ捕り」をしていませんが、勤労会館近くの信号の手前です。
 10年間、「私は制限時速を守って運転していますので、1度も「ネズミ捕りの餌食」になったことはありません。


 小牧警察署の上記の行為は「間違っていっる」と判断しています、「ネズミ捕りで点数稼ぎをするのではなく、1人1人の警察官が信号の無い交差点煮立ち、横断しょうとする市民がおれば誘導する。暗くなりかけたのの点灯していない車の指導をする、等々やることは山ほどあります。

先日、市民病院の駐車場に車を止め、横断歩道を渡ろうとしたら、車はノンストップで走りすぎました。駐車場のオジサンに誘導してもらいましたが、警察官が1人より、駐車場のオジサンましだと思いました。
posted by お好みシェフ at 19:14| Comment(0) | 地方自治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。