2017年02月28日

運転免許証の返納と、こまき巡回バス・ピーチばす・タクシー

 私が運転免許証を取得したのは、名古屋市立大学4年の夏休み(1965年・昭和40年)のことです。
 武田薬品工業鰍ノ就職が決まり、医家向け学術情報員(当時、業界では「プロパー」と呼ばれたころです。現在は「MR」と呼ばれているそうですが・・・)

 内定が決まると、会社から連絡があり「運転免許証をとってください。費用は会社で払います。」とのことでありましたので、現在も存在する名古屋市北区の庄内自動車学校に通って免許を取りました。)
 家に、車はありませんでいたので、翌昭和41年に武田に入社し3ケ近くの本社研修後に配属された東京営業所で、東京のど真ん中「中央区の開業医さん」を担当するために、日産のブルーバードを与えられた時のことでした。
 それまで、1度もハンドルを握ったことのない私が、日本橋・銀座・浜松町・築地などの開業医を訪問し、目白の独身寮まで車で帰るのですから、それはそれは、ヒア汗が出るような毎日でした。
 東京駅前の八重洲駐車場などに車を入れっぱなしにして、歩いて担当の開業医を回ったりしましたし、「良き時代で」路上駐車した近くの交番に、「直ぐ帰り明日から」と、車に積んでいたいたアリナミンのサンプルを渡したり・・・。

 そのような状況の中でも、事故を起こすことなく、2年目には、台東区や江東区を担当することになり、親しくなった開業医の奥さんから、「たまには若いこと、お昼ご飯を食べに行こうかな・・・」と言われ、雷門近くの天丼の美味しい「尾張屋」でごちそうになったもしまいた。
※会社の車にお得意様を載せることは禁止されていましたが・・・、「それでは仕事にならないよ…」との独断で、気を付けて気を付けて運転していまいた。

 また、江東区の開業医の奥様からは、「軽井沢の別荘へ行くから内の車運転してくれる・・・」と、言われ免許証を持っておられないご主人(医師)の代わり何度も何度も夏の軽井沢へ行きました。
 当時は、まだ売バスがない時で、軽井沢峠を通って東京から10時間ほど要して行ったとおもいます。

 東京営業所で7年間勤務した後、新潟市にある独身寮(大手企業の社宅もこのあたりに集中しており、日本海の近くの所です。

 月曜日に新潟出張所に出社し、まだ、高速道路はありませでしたが、長岡市の老舗旅館「福寿荘」に泊まり、長岡中央病院(厚生連)、柏崎市の刈羽郡病院(厚生連)、豪雪地帯の小出県立病院、六日町病、など越後湯沢までの病医院を担当しまいた。
 このころには、道路の雪の吹き溜まりに突っ込んで動けなくなったり、峠で凍結しスリップして動けなくなったので、トランクからチェンを出そうとしたら、鍵穴が凍結しており、必死の想いでライターで鍵穴を温めたりしたこともありました。
※当時の冬の車の標準装備は、「スノースパイクタイタにチェンを付けて走る」ということでした。

 新潟出張所に勤務してた31歳の時、東京営業所で同じフロアで働いていた1年後輩(高卒・26歳)の家内と、明治記念館で結婚式を挙げましたので、新潟での新婚生活は、「月曜日に家を出ると金曜日に家に帰る」という生活でした。
 12月1日に結婚し、翌年9月にはハワイ産の長女が生まれました。社宅は、日本海が一望でき佐渡や淡島が良く見えるマンションを会社が探してくれました。

 東京営業所に勤務していた昭和44年〜46年の3年間、近藤さんという素晴らしいリーダーシップのある方で下で働きましたが、毎日、毎日が楽しくてしょうがなく、「俺たちは全国の武田のプロパーの中で一番仕事をしている・・・」と自負していました。

 その近藤さんが、昭和46年に新潟出張所長として異動されました(当時の武田では、新潟出張所長出世コースと言われていました)
 近藤さんが、会議等で東京へ来られた時にっは、「私も新潟で近藤さんの下で働きたい・・・」と、何度も何度も伝えました。

 念願かなって、新潟に転勤することができ、結婚式の仲人もしていただきましたし、桃花台の家にご夫婦で2〜3回お泊りになったことことがあり、高山・白川郷・平湯・馬籠・妻籠・犬山城・明治村もご案内いたしましたし、現在も数年に一度東京で「近藤さんを囲む会」が開催されますので、お会いすることができます。

 3年間の新潟勤務の後、宇都宮出張所に転勤いなしましたが、先日のブログに娘の3歳ごろまでの写真をアップいたしましたが、自家用車を利用して、それはそれは楽しい日々をすごしました。

 今年6月の免許証更新にあたり、昨年9月車検の際にも随分悩みましたが、「以前から乗りたかったワーゲンのニュービートルも充分楽しんだ・・・、免許証を返上しよう・・・」と決断いたしました。
 本日(2月28日)付の返納ですが、車は、2月16日にフォルクスワーゲンの方に廃車手続きのため引き取っていただきましたので、勿論、それ以降は車の運転はしておりません。

 しかし、50年間の感覚が抜けず、昨日も家内に、「これ車に入れといて」と言ったら、「お父さん、何を言っているの車はみうないのよ」と言われて、「ああ、そうだった・・・」と反省する始末です。

 2月20日と27日が、がんセンター中央病院の受診日でしたので、家内は「お父さん、タクシーで行こうか」と言いましたが、」自宅からがんセンターまでは約7千5百円、往復で1万五千円か・・・」、「年間、血液相棒療法科U血液内科)と30回ほど通院することになるので、50万円近くなるか・・・」と考えると、やっぱり我が家には無理で、自宅➡春日井駅➡大曽根駅へ行、大曾根からタクシーでがんセンターまで行きことにしました。(1,800円〜1,900円程で、タクシーの運転手さんによれば、「大損からタクシーでがんセンタへ行かれる人が多いですよ」とのことでした。

 車がないと、舟橋植木さんが経営する「賀名生」へも、アピタ小牧店を南の方へ行った「KAN」にも、桃花台から春日井駅方面へ行った「マリオット」や「スタバ」にも行けなくなりましが、これからは、「こまき巡回バス」「ピーチバス」「桃花台バス」、さらに、春日市の「コミュニティバス」を研究して道と思っています。
 いろいろ選択肢のある中で、「一番いいのは、中央道の高速バスを利用するのが1番かな、30分程で栄や名古屋駅に行けるし」と思うようになりました。
 そういえば、今日は犬山市役所に用があり、家から徒歩2分にあるピーチバスで、名鉄小牧原駅まで行き、犬山駅まで行きました。

 「大好きで、10年近く住民登録(年間パスポート会員)している明治村に行けるカナ・・・」と心配していましたが、中央道の桃花台バス停から行くことが出来ることを確認しましたので、「ホット」しています。
 また、お弁当を作ってブラブ園内を歩いたり、疲れているときは園内バスで移動したいと思っています。
ラベル:小牧市
posted by お好みシェフ at 17:49| Comment(0) | 管理者の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。