2016年01月31日

もし働き盛りに、がんを患っていたら・・・

 視聴された方もいらっしゃると思いますが、昨日(1月30日)NHKテレビで午前11時30から目撃!日本列島「働き盛りのがん 分かち合って」という番組が放送されました。
 NHKの金沢放送局が制作した番組で、石川県の小松市民病院にできたがん患者のサロンにカメラを据え、悩みを分かちあい、乗り越えるための「いのちの交流」を見つめるた放送でした。

 丁度、8年前の2月(2008年2月)、私は、多発性骨髄腫というがんであることが分かり、愛知県がんセンター中央病院に入院しました
 当時、ほぼフル勤務で働いていましたが、予後が厳しい病気であること(病室を回診していただいていた若い研修医から、「5年生存率が20%の病気ですよ」と言われたこともありました)、そして、64歳であったことなどから、勤務していた会社に、「治療に専念するために退社させていただきたい・・・」と申し出て了承いただきました。

 そうした背景には、「もう働かなくても、年金や蓄えで、これからの生活は大丈夫だろう・・・」「15年ほど前に、アフラックのがん保険にも入っているので、安心して入院できるだろう・・・」という判断があったと思います。
※退社に際し、会社からは手厚い対応をいただきましたし、半年近い入院治療で完全緩解状態になった時には、社長からは、「本部の会議だけでも出席してください・・・」と、温かい言葉をいただきました。

 最近まで、「もし、64歳ではなく、54歳でがんを患っていたら・・・・、44歳でがんを患っていたら・・・、生活や仕事はどうなっていたのだろう・・・」と考えることは、正直なところあまりありませんでした。
 しかし、次の新聞記事を読んだり、NHKテレビの目撃!日本列島を視聴して、「働き盛りでがんを患い、厳しい現実に対応される方が大勢おられるのだ・・・」と、遅ればせながら認識いたしました

1月26日朝日新聞(1面)
img812.jpg

同日の朝日新聞(3面)
img813.jpg


1月20日朝日新聞(1面)
img811.jpg
 ※私が多発性骨髄腫を患った時に比べ、新しい治療薬が開発されています。

 新聞報道にあるように、「がん治療と仕事の両立」ができるような対策が進展することを期待いたします。
タグ:小牧市
posted by お好みシェフ at 09:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

やはり、出来レースだったね!

 1月7日のブログは、小牧市の市有地売却について思うことというタイトルでした。
 そして、その文末に、「ただし、入札結果をみれば分かりますが、1社のみが手を上げたら、「出来レースだ!」と、私は思ってしまいます」と書きました。

 昨日(1月27日)、小牧市のホームページに、私有地に入札結果を公表しますという新規情報が掲載されました。内容は次の通りです。
img810.jpg

上記の入札結果の通り、落札者は株式会社中村鐵工所落札額は273,551,000円入札参加者数は1社でした

P1070085.JPG
 鷹ケ池を背にして桃花台方面を見ると、市道岳造1号線の右側に中村鐵工所のレンガ色の建物があります

P1070090.JPG
 売却用地から桃花台方面を見ると、売却用地に接して、市道岳造1号線の左側にもレンガ色の中村鐵工所の建物があることが分かります。

 今回の入札結果は、売却用地に隣接した中村鐵工所1社が入札に参加し落札したということであります。

 中村鉄工所のホームページを見ても、制限付き一般競争入札の要件である「建物用地を工場又は研究施設とし、事業計画等を航空宇宙産業を含めた事業内容とするもの」にあてはまるかどうか私にはわかりませんが、1月7日のブログで予測した通り、「出来レース」であったのは間違いないでしょう・・・
posted by お好みシェフ at 20:11| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

投票率アップのための公職選挙法改正の動き

 小牧市におけるお各選挙の投票率が低下していることに関し、昨年12月25日には、出来ない理由を探すより、実現するための努力を・・・というタイトルの記事を、本年1月16日には、小牧市の投票率推移と、公職選挙法の改正というタイトルの記事を書きました。
 残念ながら投票率が下がり続ける中で、小牧市選挙管理委員会の従前主義を続けていることを指摘し、改善提言をしたものであります

 1月7日のヤフーニュースでは、政府が、駅や商業施設などへの期日前投票所の拡大を図るための公職選挙法改正案を提出する動きが報じられましたが、1月23日の毎日デジタルでは、「投票率の向上に向けて政府がまとめた公職選挙法改正案の概要がわかった。選挙当日に駅や商業施設などでも投票できるようにし、期日前投票の時間延長も可能にする。2月中旬に国会へ提出し、参院選からの適用を目指す」と報じられました。
「開設できる場所はその市区町村の区域内に限られ、設置するかどうかや、何カ所設けるかは各自治体が判断する。また、現在は午前8時半から午後8時までとされている期日前投票の投票時間を拡大できるようにする。各自治体の判断により最長で午前6時半から午後10時まで投票可能とする」と報じています。


 小牧市のこの4年間の各選挙の全投票者(投票率)と、期日前投投票者(投票率)は次ぎの通りです
平成27年10月4日:小牧市議会議員選挙
全投票者58,807人(投票率50.42%) 期日前投投票者10,303人(投票率8.80%)
平成27年4月12日:愛知県議会議員選挙
 全投票者39,679人(投票率33.91%) 期日前投投票者 6,367人(投票率5.44%)
平成27年2月1日:小牧市長選挙
 全投票者48,991人(投票率41.94%) 期日前投投票者7,420人(投票率6.35%)
平成26年12月14日:衆議院議員選挙
 全投票者65,320人(投票率55.76%) 期日前投投票者 11,204人(投票率9.51%)
平成25年7月21日:参議院議員選挙
 全投票者56,892人(投票率48.29%) 期日前投投票者 11,298人(投票率9.59%)
平成24年12月16日:衆議院議員選挙
 全投票者65,320人(投票率55.76%) 期日前投投票者 10,101 人(投票率8.61%)

 現在、小牧市の期日前投票所は小牧市市役所(東庁舎)・上下水道センター(桃花台・古雅)の2ケ所のみであります。
 
 公職選挙法が改正されるに際し、アピタ桃花台店、イオン小牧店、ラピオビル(またはマックスバリュウ小牧駅西店)等の商業施設に期日前投票所は設置され、小牧市の投票率が上がるのに結びつくことを期待いたします。
posted by お好みシェフ at 19:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする